iStock大聖堂はプラザデボリバルでボゴタコロンビア - アンデス山脈のストックフォトや画像を多数ご用意大聖堂はプラザデボリバルでボゴタコロンビア - アンデス山脈のストックフォトや画像を多数ご用意この大聖堂はプラザデボリバルでボゴタコロンビアフォトを今すぐダウンロードしましょう。さらに、他にも多数のロイヤリティフリーの写真素材が見つかるiStockのライブラリを検索して、すばやく手軽にアンデス山脈の写真をダウンロードしましょう。Product #:gm115780424¥1200.00iStockIn stock

大聖堂は、プラザデボリバルでボゴタ,コロンビア - ストックフォト・写真素材

アンデス山脈, カトリック, カラー画像, キリスト教, コロンビア

大聖堂は、プラザデボリバルでボゴタ,コロンビア - アンデス山脈のロイヤリティフリーストックフォト
大聖堂は、プラザデボリバルでボゴタ,コロンビア - アンデス山脈のロイヤリティフリーストックフォト

説明

Bogota, Colombia - February 15, 2011: The Cathedral at the main square (Plaza de Bolivar) in the historical part of Bogota is the biggest one in Colombia and one of the biggest ones in South America. It was built between 1807 and 1823. Overcast sky, typical for Bogota weather, can be seen in the background.

{{ t('more_than_one_credit', { zero: calc.totalCreditCost }) }}{{ t('one_credit') }}

ライセンスの追加

必要な追加ライセンスを選択してください
クレジット


{{ t('more_than_one_credit', { zero: calc.totalCreditCost }) }}{{ t('one_credit') }}

{{step.title}}
日々のプロジェクトに最適な基本的なコレクション

このイメージはエディトリアル目的でのみご利用いただけます? 「編集報道用途」で、モデル・プロパティリリースのない素材は、商業用、販促、広告などの用途に使用することはできません。つまり、ニュース性のある出来事や、一般的な記事(ウェブサイト、新聞、雑誌の記事)にのみ利用することができます。
定額使用に含まれる
ダウンロードはDropboxに保存されます。
  1. {{mapSizeToLabelTag(size)}}
{{size.description}}
{{step.reasonForBox}}
{{warningCta.text}}{{warningCta.text}}

ご希望のお支払い方法をお選びください。



プランと価格を見る
必要なライセンスがわからない場合: さらに詳しく >
ダウンロードできない場合: こちらからどうぞローカルにダウンロードするには、こちらからどうぞ
このファイルはダウンロード済みです。

標準ライセンス(1名使用など)
追加ライセンス(複数ユーザー使用など)
最大サイズ:{{calc.largestSizeAvailable.description}}
写真素材番号:115780424
アップロード日:2011年06月10日(金)
カテゴリー:写真素材 | 山岳地帯

よくあるご質問(FAQ)


ロイヤリティフリーライセンスとは
ロイヤリティフリーライセンスとは、支払いを1度だけ行うことにより、著作権で保護された画像や映像を私用目的や商用目的で継続的に使用できるライセンスです。画像や映像を何度使っても追加料金は発生しません。このライセンスは画像や映像の制作者と使用者の両方にメリットがあるため、iStockでは、アンデス山脈の写真や映像を含め、ビジュアル素材をすべてロイヤリティフリーで提供しています。
iStockで利用できるロイヤリティフリー素材の種類
ビジュアル素材を商用で利用するには、ロイヤリティフリーライセンスが適しているため、iStockでは、写真イラスト映像など全素材をロイヤリティフリーで提供しています。
ロイヤリティフリーの写真と映像を使用する方法
iStockで提供されているアンデス山脈の写真や映像を含むビジュアル素材はすべて、ソーシャルメディア広告、街頭広告、Powerpointを使ったプレゼンテーション、映画など、さまざまな用途に合わせて使用できます。編集、サイズ変更、カスタマイズを自由に行えるので、表現の可能性は無限大です(ただし、“エディトリアル専用”写真は報道用途に限り使用でき、編集は行えません)。

ロイヤリティフリー素材の詳細はこちら